アーカイブ | 10月 2016

  • 医薬品とストレスと献立について

    ストレスは溜まりすぎると病気になりますし、医薬品の力で不調を抑えることもあります。医薬品で症状が軽くなれば良いのですが、ストレスは厄介なので、医薬品だけでは解消は困難です。こまめに発散をするのが良い方法ですが、ストレス解消に役立つ食事の献立で解消をしていくのも良いでしょう。人間の幸せのひとつは食事であり、食べることで生命維持をしたり、心にも幸せを感じます。毎日の献立は楽しみながら、そしてストレス解消にもなるような献立で、心身ともに健康に向かわせましょう。 ストレスがかかると、体内では消費されやすい栄養があります。ビタミンB群やビタミンCは、副腎よりホルモン合成増加になるので、たくさん消耗をすることになります。足りなくなるならば、その分は新鮮な食材で補給しましょう。ビタミンB1は豚肉やレバー、かつおやうなぎ、玄米にも豊富です。鶏卵や乳製品には、ビタミンB2が多く含まれています。ビタミンCは、ピーマンや小松菜、ブロッコリーなど、緑黄色野菜に満載です。 タンパク質や抗酸化ビタミンも、消費されやすい栄養素です。ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどです。副腎皮質ホルモン分泌での、蛋白しる分解亢進や、免疫力が低下しますから、その補給を必要とします。良質な動物性のタンパク質を摂取しましょう。魚介類や肉類、卵や乳製品などがよいでしょう。βカロテンは、ほうれん草やかぼちゃ、小松菜やブロッコリーなどにも豊富です。アーモンドやたらこには、ビタミンEの栄養がたっぷりです。 マグネシウムやカルシウムなど、ミネラルも大量に消耗されます。小魚や豆腐など、カルシウムもこまめに摂取しましょう。牡蠣やホタテ、ゴマやピーナッツには、マグネシウムが豊富です。