類似の医薬品にはご注意

医薬品をめぐる問題には様々な種類があり、「販売名の類似性」もその問題の一つです。
医薬品の販売名が似通っていることは、医薬品の選択ミスによる医療事故が起きるリスクの増大につながります。販売名が似ている製品の中には、有効成分も含有量もまったく異なっているケースがあり、選択ミスをしてしまうと持病が悪化したり、持病以外に新たな病を発症する危険性があります。実際に、投与する医薬品の取り違えによって起こった医療事故の報告事例は多数あります。
販売名が似ている製品を取り扱っている医療従事者は、取り違えによる誤投与を起こさないように注意する必要があります。また、日頃からいくつかの医薬品を常用している患者も、自分が飲む薬の名称や効果、飲み方などをよく知っておくことが重要です。常備薬のことをよく知っておくことで、医師や薬剤師によって間違った薬を与えられてしまった場合に、飲む前に間違いに気がつくことができるかもしれないからです。
なお、販売名の類似が原因の事故を減らすために、医療行政従事者や医療関係者の側も様々な対策を行っています。例えば、薬の取り違えが原因で起きた医療事故に対しては、製造と販売を行っているメーカーと医療行政を担当している機関の両方が注意喚起を行うほか、場合によっては類似性を低くした販売名に変更することもあります。また、オーダリングシステムを運用している医療機関では、類似性の高い医薬品に対しては薬効の名称を付加して表示したり、薬を選択した時に間違いがないかどうかの確認を促したり、取り違えた場合のリスクが大きい医薬品の名称に印や線を付けて表示するなどの工夫を施して、選択ミスを減らす努力をしています。