大衆を助ける医薬品、気圧変化に対策出来るお薬も

医薬品には色々なタイプがあり、個人によって必要なお薬が変わってきます。
家庭に備蓄しておきたいのが頭痛や二日酔い、胃痛、眼精疲労などのお薬です。
こちらは一般的なお薬であり、大衆薬というジャンルになります。
文字通り大衆が一般的に利用するタイプの製品であり、街の薬局で買えます。

頭痛や二日酔い、眼精疲労などはどれも軽度な症状です。
しかし、大事な試験勉強や仕事の準備中に発生しては、体調不良によって集中力が阻害されます。
集中力を取り戻すためには、医薬品を速やかに飲み、体調不良を撃退するのが一番です。

また医薬品の中には、特別に医師から処方されるタイプもあります。
例えば、抜歯治療を受けた後は、デンタルクリニックから痛み止めや消毒薬が処方されます。
こちらは大衆薬とは違い、身近なお店にはならんでいません。
特定の症状に対策する医薬品であり、推奨された時間と量を必ず守って服用しましょう。
抜歯後は特に痛み止めによる対策が必須であり、注意事項をよく読み、渡された医薬品はきちんと消費期限までに使いましょう。

そして医薬品の中には緊急事態に限り、服用するお薬があります。
いわゆる心臓発作が起きた時、その危機的状況を対策出来る特別な医薬品があり、常に携帯しておく事で万が一の事態に対処出来ます。
心臓が弱い方は僅かな気圧変化にも敏感です。

飛行機などは場合によって、激しく機内の気圧が変化します。
特に離陸の際は機内と言えども気圧が急激に変化するため、心臓を患っている方は、念のため注意しなければいけません。
心臓病のお薬は自分以外の方にも伝わりやすい形で持っておくのがベストです。
過呼吸に陥ると、自分だけでは服用出来ませんので、他人の目にも分かりやすいケースや箱に入れて、携帯しておきましょう。