医薬品にも使用期限があります

一般的に病院で処方される薬は、1ヶ月以内に服用することを前提としているため使用期限などは書かれていません。しかし、実際には医薬品のパッケージには必ず使用期限が記載されており、その使用期限内のものが使われています。一方で市販品にはすべて使用期限が記載されていますが、錠剤の場合にはビンなどの容器に、カプセルにはパッケージに記載されています。いずれにしてもその医薬品の効果を十分に発揮させるためには、使用期限内のものを使う必要があります。
医薬品の使用期限はその種類によって異なってくるため注意が必要です。散剤や顆粒は3ヶ月から6ヶ月程度が多くで、カプセル、錠剤、座薬などは6ヶ月ほど1年ほどが多く設定されています。目薬に関しては市販品は3ヶ月程度ですが病院などで処方される医療用のものは1ヶ月とされています。一方で漢方薬などは比較的長く5年と設定されています。ただし使用期限といっても一定の条件を守っている必要があり、一定の温度や湿度で保管していることが重要であり、開封してしまった場合にはその限りではなく早めに使用する必要があります。
薬局や病院では使用期限が来る前に新しい医薬品に変えられるため使用期限切れの医薬品が提供されることはほとんどありませんが、病院で処方してもらったり購入した医薬品に関しては使わずじまいで使用期限が来てしまったというケースも多々あります。使用期限が来てしまった医薬品は保管状態が良ければ極端に効果が弱まりませんが、そうでない場合には保管状態が良くても、その成分が弱まり効果が出にくくなります。またゆるやかに作用する薬は悪影響でにくいものですが、強い成分によっては毒性が増す可能性があり注意が必要です。